塗装工事

外壁塗装の塗り替えのタイミング
Timing of repainting of exterior wall paint
001.Catchcopy text

夏でも底に冷たさを
もつ青いそら

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青い草の波。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、青い草の波。
耐用年数を過信しないよう注意!

塗料の経年劣化

塗料は年数が経つにつれて、徐々に色褪せなどの劣化が起こります。塗装の劣化は防水性の劣化でもありますので、お早目のご対処を。一般的には10年ごとの塗り替えが適切といわれますが、あくまでも目安で、環境等によって劣化の進行は大きく左右されます。耐用年数を過信しないようご注意ください。
お早目の対処が建物を守ります

ひび割れ・剥がれなど

外壁の塗装がひび割れたり剥がれたりすると、下地に直接雨水等があたり、建材の腐食に繋がります。被害が大きくなるほど、費用や手間も大きくなりますので、極力お早目にご対処ください。また、塗装劣化の初期症状として、触ると手に粉が付着するチョーキング現象がありますので定期的なご確認を。
湿気が大きなダメージを生むことも

藻や苔、カビの発生

外壁に藻や苔、カビなどが発生していたら要注意です。その部分が湿気を帯びているということですので、塗装の劣化による防水性の低下が考えられます。藻や苔、カビなどを発見したら、千葉県市川市のイチペンまでご連絡を。建物の入念な診断を実施し、状況に応じた最適なプランニングを行ないます。
項目を追加
屋根塗装の塗り替えのタイミング
The timing of the repainting of the roof paint
001.Catchcopy text

夏でも底に冷たさを
もつ青いそら

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青い草の波。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、青い草の波。
定期的なチェックで先手先手の対応

藻やカビ、錆の発生

屋根に藻やカビなどが発生している場合、塗装や防水の劣化が考えられます。金属製の屋根材では錆の発生も要注意です。先手先手の対応を行なうことで、修繕の費用や手間を軽減できますのでお早めにご検討ください。屋根は日常的に目が行き届きにくいため、状態がご不安の際はお気軽に弊社までご相談を。
雨漏りなどのトラブルを起こす前に

瓦のひび割れなど

瓦にひび割れなどが発生していたら、早急に修繕や塗装などのご対処を。放っておくと下地や建物の内部まで腐食させてしまい、雨漏りなどの大きなトラブルを招きます。イチペンは屋根の診断から施工、アフターメンテナンスまで幅広くサポートしておりますので、塗装のことならなんでもお任せください。
症状が軽度だからと油断は禁物です

色褪せ・塗装の膨れ

屋根の色褪せや塗装の膨れなどが表れはじめたら、塗り替えをご検討いただく時期だといえるでしょう。まだ症状が軽いからと油断していると、すぐに劣化が進行して雨漏り等のトラブルへと繋がります。安心・安全の住環境を維持するためにも、適切なタイミングでのメンテナンスをおすすめいたします。
項目を追加
素材の種類と対応
Corresponding to the type of material

01
AM 9:30
担当する現場へ移動
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
サイディングボード
外壁に貼る板状の外装材の総称です。外観はタイル地風で一見ペインティングされていないように見えますが、あらかじめ塗装が施されています。塗装が劣化してくるとチョーキング現象やボード自体の傷みが発生しますので、10年を目安に塗り替えを行なっていただくとよいでしょう。
02
モルタル壁
ゼメントと砂と水を練り混ぜて作られる建築材料です。施工性が高く仕上材や目地材として多く使用されます。モルタル自体は水を通しませんが、亀裂などの問題があるため、施工後には塗装を施さなくてはなりません。近年、大手ハウスメーカー様などではモルタル壁を使用する例は少なくなっています。
03
ALC壁・RC壁
ALC(軽量気泡コンクリート)は多数の気泡空間があるため、軽量で躯体への負荷を軽減できるのが特徴の建材です。塗装の際は気泡による巣穴を丁寧に塗りつぶす必要があります。RC(鉄筋コンクリート)は水分の侵入による鉄筋の腐食やコンクリート自体の劣化など、酸性雨によるダメージが多く発生します。
04
その他
千葉県市川市のイチペンでは、その他にもタイルやトタン、板張りなどの、さまざまな外壁素材に対応することが可能です。建物の外壁塗装や屋根塗装に関することなら、なんでもわたしたちにご相談ください。建物の状況やお客様のご要望に合わせた柔軟な対応で、ご期待を上回るサービスをお約束します。
項目を追加
塗料の耐用年数
The useful life of the paint
業者の選び方
How to a the trader
01

お問い合わせ

メールもしくはお電話でお問い合わせください。
お客様のご都合に合わせて、ご相談、お見積もりをさせていただきます。
01

業者の種類と中間マージン

塗装をご依頼される場合、リフォーム会社や工務店、営業会社、塗装業者などの種類がありますが、塗装業者以外では結局下請けの塗装業者に依頼するため、余分な中間マージンが発生してしまいます。かといって必ずしもリフォーム会社や工務店等が割高になるとも限りませんが、慎重な判断を心掛けましょう。
02

紹介ではなく自分で決める

よくあるケースなのですが、友人の紹介や知人の紹介で決める、というのは避けましょう。塗装業界に精通している友人や知人からの紹介であればいざしらず、他の人が良いと思った業者が必ずしもすべての人に当てはまるとは限りません。実際にご自身が業者から話を聞き、じっくり腰を据えて検討することが大事です。
03

信頼できる業者の見極め

信頼できる業者、およびその営業マンは、こちらの質問に対してはっきりと受け答えをしてくれます。また、利益最優先で必要のない箇所の工事等を勧めるようなこともありません。ちゃんとお客様の立場になって考え、親身になった提案を行なってくれるかどうか。その点を重視しながらチェックしてください。
04

相見積もりを活用する

いくら良さそうな業者だと思っても、即決は絶対に避けたほうが無難です。塗装工事は業者によって大きく価格が異なるケースも多く、中には悪質な業者も存在しています。必ず複数の業者から相見積もりをとって、適正な価格であるかどうか、相場はどのくらいなのか、といったことを把握してから決めましょう。
05

サービス工事に要注意

足場工事代をサービスします。外壁以外の箇所の塗装をサービスします。こうした謳い文句もよくあるのですが、実際には別の項目に料金が上乗せされている場合も珍しくありません。当然、結果的にはまったくお得になっていませんので要注意です。サービス工事の際には、その他の項目をしっかりご確認ください。
項目を追加
料金の目安
Estimated fee

項目
テキスト
テキスト
塗料名
建坪30坪の場合の参考価格(税込)
保証期間
アクリル樹脂塗装
¥430,000~
3年
ウレタン樹脂塗装
¥490,000~
5年
シリコン樹脂塗装
¥570,000~
7年
フッ素樹脂塗装
¥700,000~
10年
遮熱塗装
¥650,000~
10年
光触媒塗装
¥950,000~
5年
項目を追加
窓・玄関ドア交換
外壁を塗り替え変えて綺麗になったけど、窓やドアが今の家の色と合わない・・・何てことありませんか?塗装工事と一緒に行うことでお得に、素早くリフォームできます。
広げる
湾岸を埋め立て土地を広げる
そのころわたくしは、モリーオ市の博物局に勤めて居りました。
冬の寒さと結露をなんとかしたい・・・
窓がゆがんできて開け閉めが大変・・・
項目を追加
おすすめはLIXILのリフレムリプラス
玄関ドアでこんなお悩みをありませんか?


代表取締役
佐藤 一太郎
Ichitaro Sato
玄関のジメジメや靴の臭いをすっきりしたい
防犯対策をしっかしして安心して暮らしたい
荷物が多い時はカギの開け閉めが面倒
項目を追加
おすすめはLIXILのリシェント
設置も簡単


取り換え窓リプラス 参考価格            取り換えドアリシェント 参考価格

うつくしい森で飾られたモリーオ市

Web Solution Division - Interactive Planner
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。

夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。



項目を追加
3つのメリット


代表取締役
佐藤 一太郎
Ichitaro Sato
今のサッシ枠・窓枠や、床・壁を壊さず簡単リフォーム
断熱性アップで快適
開閉もスムーズ
項目を追加
塗装工事の「ついで」だからリーズナブル
よくある質問
Frequently Asked Questions

Q
質問です
Q
新築のときよりも塗装の色が随分変わったように感じます…
A
外壁や屋根などの塗装は、塗膜の経年劣化で表面の色が変色してきます。同時に防水性も低下してしまいますので、塗り替えをご検討なさる時期です。
Q
壁を触ると手に白い粉のようなものが付きます…
A
これはチョーキング現象と呼ばれる塗装の劣化症状です。紫外線や風雨等によって塗膜が消耗していますので、お早目のご対処をおすすめいたします。
Q
屋根の塗料と外壁の塗料は違うのでしょうか?
A
屋根は建物の中でも特に、紫外線や風雨の影響を受ける場所です。そのため、上塗りには耐久性や遮熱性、断熱性の高いものを使用するのが一般的です。
Q
雨の日でも作業をしてもらえるのでしょうか?
A
申し訳ございませんが、雨天時はお休みとさせていただきます。それにより日程に変更が出る場合もありますが、何卒ご了承いただければ幸いです。
Q
雨で工期が長くなった場合、費用も高くなるのですか?
A
ご安心ください。天候等で工期が延びても施工内容は変わりませんので、費用が高くなるようなことは一切ございません。
項目を追加